美容食

おすすめ美容食材「ギー」。アーユルヴェーダに料理にスキンケアに

投稿日:

季節の変わり目ゆらぎ肌。体の調子も安定させたい。そんな時は、少し新しい食材に挑戦してみましょう。バターよりも健康的で利用方法も多いギーはとってもおすすめ。料理に使って体の内側から、肌に塗って体の外側から・・・。体の中と外からキレイを目指しましょう。

ギーは食べても体に塗ってもOK

ギーはすましバターとも言って、溶かしたバターから固形部分を取り除いたものです。不純物が取り除かれ栄養豊富であり、バターよりも長期保存が可能です。そしてバターと違うところは、料理だけでなくスキンケアにも使えるということ。ギーを肌に塗ると肌に適度な油分を加えることが出来、乾燥肌の人にもおすすめです。

もちろんギーは食べてもOK。通常のバターの代わりとしても利用できますが、バターよりも癖がないので、幅広い料理に利用可能です。最初使い方がわからず少し戸惑うかもしれませんが、使いだしてみるとあまりの使い勝手の良さに病みつきになります!!



美味しいギーの使い方

ギーは通商のオイルの代わりとして使用できます。おすすめなのはパンケーキやバター炒めのように、いつもならバターを使っているところで代わりに使うこと。バターよりもヘルシーで主張がないので、多くの素材に寄り添ってくれます。

クッキーやパン、スコーンに入れるのもおすすめ。トーストに塗って食べると、バターよりもあっさりしていておいしいです。塩気が欲しければ良質なお塩と一緒にどうぞ。

ギーでお肌をしっとりと

ギーはスキンケアに使用することもできます。通常オイルのようにスキンケアの最後に使ってもいいですが、おすすめの使用法はボディケア。お風呂上がりのまだ濡れた体にビー玉くらいの量のぎーをするすると伸ばして塗りましょう。肌にまだ残っている水分とぎーがうまく混ざって、少量でもよく伸びて程よくべたつかない程度にしっとりとしてくれます。

ギーの香りは焼き立てのパンのようでもありますので、塗ると食べ物になった気分になります。私は「注文の多い料理店」を思い出します(笑)



おすすめ良質なギー

ギーは自作することもできますが、売っているものを買った方が質がよく、しっかりと不純物が取り除かれています。せっかくなので、美容液やコスメを買うと思って少し高くてもいいものを買いましょう。口にする者への投資はリターンが大きいので積極的にすることをおすすめします。

コスメや美容液には数千円くらいいつもかけていても食べ物には数十円単位で節約・・・。でもよく考えてみてください。口にしたもので体はできているので、肌の上から塗るよりも、むしろ内側からのケアは重要かもしれません。また、ギーは一度に大量に使用するものでもありませんので、少しくらい高くてもコスパは案外いいもの。ここはケチらずしっかりと投資してあげましょう。

 




アドセンス336




アドセンス336




-美容食

Copyright© 食べて痩せる。綺麗にダイエット。知識欲旺盛なオトナ女子へ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.