美容食

筋子でいくら【簡単なほぐし方】美容効果でアンチエイジングも

投稿日:

とにかくいくらが好きな私は、毎年立派な筋子が出るこの季節には、筋子をほぐしてイクラを作ります。買うと高いイクラも、自分で作れば半分くらいのお値段でお好きな味にできますよ。たっぷりイクラ丼を楽しみましょう。

筋子をほぐして安くイクラを楽しむ

いくら大好き♡とにかくたくさん食べたい!!でも、イクラは買うと高いもの。特に私が好きな塩漬けはそもそもあんまり売っていないのです。そこで昨年から、スーパーに立派な筋子が並ぶこの時期には自分で筋子を買ってきてほぐしていくらにして好きな味に漬け込んでいます。これでイクラ丼をドーンと食べられるのです!!



【写真】筋子のほぐし方(泡だて器使用)

筋子とざる、やや熱めのお湯を用意します。この時に泡だて器も用意しておいてください。筋子をほぐす時には必需品。目の粗い網もよいですが、無いこともあるので、泡だて器なら割と持っているご家庭が多そうですね。

お湯に筋子をくぐらせます。煮えてしまわない程度に、ほんのり白くなるくらいがよいでしょう。ここで、多少白くなってしまっても、後でつけ汁につければ戻るので大丈夫です。

川の部分が少し収縮したら引き上げます。

まな板において。

泡だて器でほぐします。

ごそっとこそげとるようにとります。

こんな感じのイクラが取れますよ~

最後に薄皮一枚になるまで、根気良くほぐしましょう。

ほぐれたいくらはもう水につけて洗います。ふわふわした筋や皮がついているので、丁寧に取り除きます。何度か水を変えてよく洗ったら出来上がり。

ざるにあけて水を切りましょう。

好みの味につけます。私は塩をまんべんなく振るだけ。だいたい2グラムくらいの量をサラサラっと振っておしまいです。シンプルにイクラの味が楽しめてこれがいい!!

1日漬けたら完成です。小分けにして冷凍してもOK!!自家製イクラ、ぷっちぷちです。

アスタキサンチンでアンチエイジング

サケやイクラ、筋子に含まれる赤い色素成分のアスタキサンチン。近年これがアンチエイジングによいと言われ、注目されています。細胞の老化を抑える抗酸化作用が強く、加齢が気になる女性にとってはうれしい存在です。

なにより、ちょっと高価なイクラを食べる時に、ちょっとした理由付けがあるのはうれしいですよね。サプリメントでも販売されていますので、こちらもあわせてどうぞ。

 

 




アドセンス336




アドセンス336




-美容食

Copyright© 食べて痩せる。綺麗にダイエット。知識欲旺盛なオトナ女子へ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.