きのこダイエット

【きのこダイエットレシピ】えのき氷(これがあれば無敵の調味料!!)

更新日:

えのき氷はきのこダイエットに欠かせない!!

えのきに含まれる『キノコキトサン』と『食物繊維』がミキサーで粉砕され、煮込まれ、凍らされることによって、より吸収しやすい形になり、うまみも増すといういいことづくめのダイエット食材なのです。

しかも何に入れても料理をおいしくしてくれる無敵の調味料です。

つくり方が簡単な上に保存もきくので、時間があるときに作っておいてお料理にプラスすればいいことづくめ♡

えのき氷ってなに?

えのき氷はスーパーで普通に変えるえのきたけをミキサーで粉砕し、煮込んで凍らせたものです。

もともとえのきには『キノコキトサン』と『食物繊維』が含まれているえのきで、そのまま食べてもダイエット効果が期待できますが、えのき氷にすることで、さらに吸収が良くなり、よりダイエットに適した食材になります。

そのうえ、えのき氷はいったん火を通してから凍らせておくことで、2カ月程度は保存が可能になるのです。

時間があるときに作っておいて、いつでも使いたい時に使うことができるのは本当に便利ですね。

 

えのき氷は材料費もえのき1袋40円~100円分くらいしかかからないので、とにかく時間があるときに作ってストックしておくと、きのこダイエットの強い味方になってくれます。

 

私が購入したえのきはスーパーでタイムセール一袋44円!!安い!!えのき氷作ろう!!

 

えのき氷の作り方は?簡単?時間はどのくらいかかるの?

それではえのき氷をつくってみましょう!!

材料は

(1)えのき(1袋~好きなだけ)

(2)水

(3)道具(鍋・ミキサー・包丁とまな板かキッチンばさみ)

 

基本これだけです。

まずはえのきをざっくり切ります。切る前に石突部分は落しておきましょうね。包丁とまな板を出すのが面倒でしたら、キッチンばさみでザク切りにしてもいいです。

刻んだえのきをミキサーに入れて、上から水を注ぎます。

えのきがかぶるくらい入れるとちょうどよいですが、水の量は正確でなくてよいので、ミキサーの容量に合わせて調節してください。

ミキサーで粉砕してどろどろにします。しっかり固形物が残らないくらいミキサーにかけてください。

お鍋に移して煮詰めます。煮詰める時間は60分!!ちょっと長いので、ミキサーから移すときに適当にお水を足してください。

拭きこぼれないように温まってきたら弱火にして、じっくりと火を通します。こうすることで、えのき氷の栄養素が吸収されやすくなるので、焦がさないように時々混ぜながらじっくり待ちましょう。

 

60分経ったら、粗熱が取れるのを待って、製氷皿に移しましょう。

この製氷皿はRichell リッチェル わけわけフリージングブロックトレーです。

小分けにできるだけでなく、ふたもついていて便利なすぐれもの。

離乳食やお弁当のおかずを保存する時にも大活躍ですが、今回はえのき氷の保存に使用します。

 

出来上がりです。製氷皿から取り出して、1個ずつ使いましょう。

ジップロックなどにまとめて入れておいても使いやすいです。

えのき氷レシピとおいしい使い方!!

えのき氷ができあがったら、早速使ってみましょう。

えのき氷はダイエットにうれしい栄養素を足すだけでなく、お料理にうまみとこくを足してくれるうれしい調味料でもあります。何に足してもおいしいですが、使いやすいのは・・・

 

(1)汁物やスープに入れる

(2)カレーに足す

(3)ご飯を炊くときに1個入れる

このあたりが、毎日続けやすくておいしい使い方です。

スープに足して朝食に♡

カレーとは相性ばっちりです☆

 

きのこご飯を炊くときに一個足すとさらに美味しい炊き込みご飯に♡

きのこダイエットにはえのき氷が必須

毎日きのこ料理を考えるのが大変な時にえのき氷はとても便利!

ぜひ常備しておいて、毎日の食事に足してください。

 

<えのき氷に使用した道具>

【リッチェル】わけわけフリージング ブロックトレー↓楽天でいつも買いだめしています。

 

ミキサーはバイタミックスを使用。値段に見合ったパワーがあり、料理が楽しくなる相棒です。スムージーや滑らかなポタージュスープをつくるときにも大活躍!!↓楽天で特売の時を狙って買いました。

 

とにかくパワーがあり、凍った食材でもなめらかに粉砕できます。

アドセンス336




アドセンス336




-きのこダイエット

Copyright© 食べて痩せる。綺麗にダイエット。知識欲旺盛なオトナ女子へ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.